オメガ3脂肪酸で病気知らずの元気人|健康はサプリが支える快適生活

笑顔のお年寄り

集中できる脳に

油

集中力をアップ

受験生や仕事で何かと集中する作業の時間が多い人は、普段の食生活にオメガ3脂肪酸を含んだ食材を取り入れた料理を食べることで集中力がアップされていくといわれています。オメガ3脂肪酸が含まれる食材では魚、緑黄色野菜、豆類、クルミ、そして最近話題となっている食べる油とよばれる亜麻仁油やえごま油などがあります。オメガ3脂肪酸は記憶力向上効果があるうえストレスにも強くなる脳へとエネルギーを与えてくれるようになり、脳に負担を感じないよう精神的に強くさせてくれるようになります。普段の食事で緑黄色野菜や魚を食べるようにしていったり亜麻仁油やえごま油を摂取したりするなど、その習慣を毎日続けていくことで集中できる脳へと変えていってくれます。

取りすぎてはだめ

しかし、いくら脳に良い栄養素とはいえオメガ3脂肪酸の取りすぎには注意が必要です。もともとは油なので取りすぎてしまうと脂質を多く含んでしまうようになり、肌荒れがおきたり太りやすくなってしまったり血流が悪くなってしまったりする可能性があります。そのため、どれほどの量を摂取すれば良いのか知っておく必要もあります。魚ですと1匹食べれば十分ですし、野菜も1日分の摂取量で十分オメガ3脂肪酸を取り入れられます。そして亜麻仁油やえごま油はスプーン1杯分だけで良いのです。それ以上の取りすぎはよくありません。摂取量をちゃんと考えながら栄養素を体内に入れていくことでバランスを取ることができるようになり、集中力もアップしていく効果を得られるようになります。